サイトメニュー

簡単な切除法を知る

女性

適切な切除法を選ぶ

ほくろによって顔の印象は左右されますし、増えてくることがあるので、その切除に希望する人は多いです。切除する時は病院に行く必要があり、スキルのある病院で切除すると綺麗にほくろを取ることができます。病院選びをする時は口コミなどの評判を知るのが大切です。顔などにあるのを切除する時は、傷跡をより小さくするのが大切です。口コミによって手術スキルなどに関する情報を得るのは重要です。切除する方法として炭酸ガスレーザーによる方法があり、病理組織検査が望ましい場合に炭酸ガスレーザーによって切除を行います。大きいために切除するのが望ましいと考える場合なども、炭酸ガスレーザーで保険診療によって切除を行います。炭酸ガスレーザーは顔や頭部にある小さいほくろの切除に適していて、手術と比較して出血が少なくて傷跡が小さくい利点があります。深いほくろなどは稀ですが、一回で切除できない場合もありますが、炭酸ガスレーザーによる切除法では基本的に一回でほくろを取ることができます。サイズが大きい場合は炭酸ガスレーザーよりも、メスによる切除の方が仕上がりが綺麗になることもあり、メスによる切除を選ぶ場合もあります。炭酸ガスレーザーを使用するか、メスによる切除を選ぶかは、状況によって異なります。納得の行く切除を行うにはカウンセリングを重視する必要があり、傷跡の小ささなどを考慮して上手く選択する必要があります。カウンセリングの丁寧さで病院を選ぶのも大切です。カウンセリングが丁寧ですと、安心して切除をすることができます。
メスを使用する外科手術では何局所麻酔を用いて、30分程度に手術を行います。手術を行う前には血液検査を行う必要があります。メスによる外科的な処置でほくろ切除した後は、縫合する必要があり一週間ぐらいで抜糸できます。外科的な方法は5ミリ以上のほくろに適用される場合が多いです。高周波メスによって切除する方法は炭酸ガスレーザーと比較して熱変性が非常に少ないので、体に優しい治療法となります。どの切除法を選ぶかはカウンセリングの説明を聞いてから選択するのが大切です。より体に優しい治療法を選ぶ時は、高周波メスによる切除法を選ぶ場合もあります。ほくろの切除をした後はかさぶたができて、それが取れるとピンク色の肌になります。ピンク色の肌も次第に肌色に近くなっていくので、安心して切除できます。切除には通院の必要もなく短時間で取るのが可能となっています。考えられる副作用としてむくみや腫れなどがありますが、時間とともに治ります。切除した後に患部がジュクジュクしている間は基本的にメイクは控える必要がありますが、塗ることができるファンデーションなどであれば術後直後に使用できます。ほくろの切除は体に優しい方法で行えて、比較的気楽に施術を受けられます。よりベストな方法で切除を行うには、カウンセリングで医師と施術後の結果で希望することを共有する必要があります。確実に切除したい時は通常のメスを選ぶ場合もありますし、傷跡をより小さくしたい場合は高周波メスを使用する場合もあります。どの方法で切除しても切除にかかる時間は短くて、安心して施術を受けられます。