サイトメニュー

除去するなら知っておく

医者

知っておきたいことやメリット

ほくろがある場合でも、目立つ部分にあるとすれば除去したいと感じるかもしれません。また、数がたくさんある場合にも除去したくなる気持も起るでしょう。このような場合、自分で行っても限界があります。一見小さいものならば自分でも行うことができそうですが、そう簡単になくすことはできません。仮に自分でできたとしても、それが傷跡として残ってしまうと後で後悔しかねません。この場合は、専門家に依頼した方が確実にほくろ除去が可能になります。知っておくとよい情報としては、どのような治療方法があるかです。基本的に、レーザー治療と切除法と呼ばれる2種類があります。前者の場合には、炭酸ガスレーザーを使うことが多くなります。炭酸ガスは、水分を含んでいるところに効果がありますが、基本的にはたっぷりの皮膚は水分が含まれていますので炭酸ガスが浸透しやすいのが特徴になります。炭酸ガスレーザーの機械の先端部分は、ペンの先のように細くなっており、細かいほくろにアプローチすることができるでしょう。一方で、切除法を選択する場合は局部麻酔することが多いです。ある程度の大きさになれば炭酸ガスレーザーでは十分な効果を発揮しないため切除法を選択せざるをえません。麻酔を行って、メスを入れることになりますがそのあと傷跡を縫合していきます。もし痛みが伴う場合には、内服液を使うことも少なくありません。いわゆる痛み止めが出されます。とはいえ、そこまで痛みが伴うようなことはそれほどありません。いずれにしても、ほくろ除去に関してはかなり進化しており、術後も安心できるパターンがほとんどです。
ほくろ治療でよく用いられるレーザーガス治療と切除法のそれぞれの特長やメリットは、いったいどのようになっているでしょうか。レーザー治療のメリットを見てみると、非常に手軽に行える点です。そして、痛みが伴わないことも大きな魅力といえるでしょう。手術前には局部麻酔を行うことが多く、痛みを感じることはほとんどありません。麻酔自体も痛みを伴わない注射などが開発されていますので、麻酔恐怖症の人でも安心して受けることができます。レーザーガスの場合は、切除する場合と比べるとダウンタイムが非常に短いのが特徴になります。数日間は保護テープを付けている必要はありますが、翌日から普段通りの生活が可能でしょう。施術にどれぐらいの時間がかかるかといえば、1カ所当たり数10秒程度になります。そのため、ほくろが数カ所あった場合でも数分で終わらすことが可能になります。料金も非常に安く、1ミリ程度ならば\5000以内で行えることが多いでしょう。切除法のメリットは、悪性つまり癌の部分も切除できる可能性がある点です。基本的に、ほくろのほとんどは悪性ではありませんが中には悪性のものも存在しています。ある程度大きくなったものは、悪性になる可能性があるといえるでしょう。それらを、根本から取り除くため癌が転移する心配をなくすことができます。悪性でない場合でも、ガスレーザーのときと同じように局部麻酔をしますので痛みが伴わず、安心できます。女性の場合メイクがいつからできるか気になるところですが、翌日から可能になることがほとんどです。