サイトメニュー

除去するなら知っておく

医者 ほくろ除去をする場合には、ガスレーザー治療と切除法があります。前者の場合は、短い時間に終わらせるだけでなくメスを入れないため安くできます。後者の場合は、悪性のほくろも取り除くことができるメリットは大きいでしょう。

詳しく見る

簡単な切除法を知る

女性 ほくろを切除する方法は複数あり、メスによる外科的な方法や炭酸ガスレーザーを活用する方法などがあります。傷跡を小さくする施術法として、高周波メスを活用する方法もあります。どの施術を選ぶかはカウンセリングで決める必要があります。

詳しく見る

美容整形外科に行く前に

女性 ほくろの治療をしてくれる美容整形外科を探す場合は、あまり料金が安いところは避けるべきです。また、信頼できる先生がどうかも判断しましょう。施術は、レーザーの場合とメスを入れる場合の2種類があります。ほくろの大きさによって施術方法が変わります。

詳しく見る

準備方法や特徴

女性

何を準備しどのような特徴があるかを知る

顔の目立つところにほくろがある場合には、それを気にしてなかなか人前に出ることが嫌な人もいるでしょう。また、ほくろの数は多くないけども大きなほくろがある場合にはやはり気になるものです。このような場合には、美容整形外科などに行き施術をしてもらうのが良いでしょう。ただ、美容整形外科に行ったことがない人は、一体どのような準備をしたら良いのかわからないはずです。施術をしてもらう場合には必ずお金がかかりますので、お金の準備をしっかりしておくことが重要になります。どれぐらいの費用になるかは、美容整形外科やクリニック等によって異なりますが1ミリから2ミリ位のものだと1個あたり5000円程度になります。直径が5ミリ以上のものになると、1つ切除するのに10,000円位かかることも珍しくありません。それらを考えた上で、どれだけの数を切除していくかを考える必要があります。次に、申し込みをする美容整形外科を選ぶことが必要です。選び方は、知っている美容整形外科があればそこで良いですが、特に知っているところなければインターネットなどで探してみるのも1つの方法です。施術をしてもらうところが決まったならば、後は予約を入れる必要があります。予約を入れるときに知っておきたいことは、大抵の場合1時間から2時間程度で終わることが多いと言う点です。ただ、施術を施す個数が多いと1回で終わらない場合がありますので1週間に1度は予定がない日を作ることが重要になります。また、通院する場合にはアルコールを飲まないことも重要です。
ほくろをなくす場合には、どのような種類の施術方法があるかを理解しておくことが大事です。小さいほくろに関しては、大抵レーザー治療することでほくろをなくすことが可能です。この方法は、部分麻酔をする場合もありますが、比較的手軽に行える方法です。また、皮膚の表面に傷をつけることがありませんのでメスを入れたくない人にはお勧めです。レーザーによる治療する場合は、直径が5ミリないしは6ミリ以下のものに対して有効です。それ以上大きくなると根元までレーザーを当てることができない可能性があります。最近は、レーザー以外にも注射をすることにより治療できるものもあります。非常に手軽な方法で施術時間もほんのわずかですので、仕事帰りや学校帰りなどでも通うことが可能です。ただこの方法も、あまり大きいほくろには有効ではありませんので、ある程度直径が大きい場合には切除法を用いるのが良いでしょう。切除法は、メスを入れることになりますが、大抵1回手術をすればその箇所は治療が終わります。特に、悪性のほくろの場合この方法が1番有効と言えるでしょう。悪性とは、癌細胞の塊の事ですが、大きなものほど癌細胞の可能性が否定できません。早い段階で見つけて手術をすれば、それだけ外に転移をする可能性が低くなります。もちろん多くの場合は、がん細胞ではないためあまり神経質になる必要はないでしょう。手術をする場合は、ダウンタイムが2週間位かかることも少なくありません。ただ、その日のうちにシャワーなどは浴びることが可能になりますのでその点は安心でしょう。